倦怠感と呑気症について

薬を飲んでいる男性

呑気症というのは、最近になって聞くようになった言葉かもしれません。
空気嚥下症とも言われるものです。
たくさんの空気を呑み込むことで、体内では胃や食道とか、腸の中に空気がたまってしまい引き起こされる症状が呑気症です。
普段からお腹に膨満感を感じたり、ゲップをしやすいという人も、呑気症を疑ったほうが良いかもしれません。
日常的に人間は、何かを食べたり飲んだいしている時に、一緒に空気も吸い込んでいます。
でも飲食の時だけではなく、呑気症は生活の中においても、意識しないうちに空気をたくさん吸い込んでいます。
体調の不具合には倦怠感もあります。
仕事に家事に女性から育児など、毎日が忙しすぎて疲れてしまい、どうにも倦怠感が抜けないというパターンは少なくはないです。
疲れが取れないと胃腸の調子もイマイチになったり、胃腸薬が手放せないことにもなりかねません。
ストレス社会の現代ですから、胃腸薬のお世話になる人はいても、それが習慣になってしまうのは考えものです。
ストレスも軽減しながら、疲労感も少なくしていく方法を生活に取り入れることです。
胃腸薬は、本当に必要なときにだけお世話になりましょう。
倦怠感を軽減していくためには、とにかくよく寝ましょう。
長い時間をだらだらと眠ると言うよりも、良質な睡眠を取れるように心がけることです。
睡眠中というのは、傷ついた体の細胞のメンテナンスを行うことになるので、ぐっすりと眠ることです。
睡眠と同じくらい大切にしたいのが、疲労回復のための栄養素を摂取することです。
鶏肉とか豚肉、にんにくもいいですし、黒酢などもアミノ酸たっぷりで疲れた体を回復させてくれます。
栄養が足りない時には、サプリメントの摂取も良いでしょう。

関連記事
胃腸と嘔吐の関係はこうなっていた 2019年06月28日

胃腸の内容物がなにかの影響により食道を通して吐き出されてしまうのが、嘔吐という現象です。最初に心なし吐き気を感じて、そのうち本格的に吐き気がしてきます。嘔吐というのは胃の中に刺激を感じたり異物を感じたりした時の、いわば防御反応でもあります。ただ、その他にも内蔵や消化器などの病気とか、なにかの疾患が引

食欲不振などの症状がある逆流食道炎には胃腸薬が有効 2019年07月17日

逆流食道炎は、食道と胃にある下部食道括約筋が閉じる事によって食堂から胃へは通常一方通行になっていますが、食道過敏症や下部食道括約筋圧低下、胃内圧の上昇などにより胃の内容物が繰り返し食道に逆流する事で発症します。胃の粘液を分泌する胃腺は、噴門腺、ペプシノーゲンや塩酸を分泌する胃底腺と胃体腺、消化管ホル

胃腸薬を選ぶ時に注意すべきこと 2019年05月09日

胃が痛い、もたれる、食欲がない、などの胃の症状になやんだことがあるひとは少なくないでしょう。忙しくて病院にも行けない人の強い味方になってくれるのが胃腸薬です。でも、胃腸薬には種類があり、その症状にあったものをきちんと選ばないとまったく逆効果になってしまいます。胃腸薬には主に3つの種類があります。健胃

逆流性食道炎によく効く薬とその作用 2019年04月26日

逆流性食道炎によく効く薬としてよく使われる胃腸薬は、胃酸の分泌を抑える薬です。具体的にはH₂受容体拮抗薬(H₂ブロッカー)というものや、プロトポンプ阻害薬(PPI)という薬です。「H₂ブロッカー」とは胃の中にあるH2受容体という部分に作用して、ヒスタミンがH₂受容体に結合するのを妨げる事で胃酸の分泌

授乳中に胃痛が…胃腸薬は使っても大丈夫? 2019年08月16日

子育て期間中特に授乳中は胃腸薬やそのほかの市販薬で飲んではいけないものもあります。産後の寝不足、疲労、ストレスなど生活リズムの乱れで授乳中の体調管理が難しい時期です。授乳中はお腹もすくので食べ過ぎなどで胃の調子も乱れやすくなります。胃痛は自律神経と関係が深いのでストレスにより胃液の分泌が多くなり胃酸

ストレス性胃腸炎には市販薬の買い置きがベスト 2019年09月10日

体が常に健康のバランスを保ち、健やかさ持ち続けるには、その体を持つ本人のとても微妙でデリケートな配慮が必要となってきます。たとえば、仕事や家庭で大きなストレスを抱え、それが毎日の継続した負担になってしまうと、途端に胃腸が痛んで胃腸薬のお世話になることがあります。また、ストレスから下痢や嘔吐に至ること