• ホーム
  • 胃腸と嘔吐の関係はこうなっていた

胃腸と嘔吐の関係はこうなっていた

多様な薬を持っている男性

胃腸の内容物がなにかの影響により食道を通して吐き出されてしまうのが、嘔吐という現象です。
最初に心なし吐き気を感じて、そのうち本格的に吐き気がしてきます。
嘔吐というのは胃の中に刺激を感じたり異物を感じたりした時の、いわば防御反応でもあります。
ただ、その他にも内蔵や消化器などの病気とか、なにかの疾患が引き金となっているケースもあります。
嘔吐は日常生活の中でも、なにか原因となることが考えられます。
食事の食べ過ぎとか飲み過ぎで、吐き気を伴うこともあります。
自分自身の教養範囲のレベルを超えた、食事や飲酒は嘔吐にもつながりやすいです。
自律神経と胃腸の働きはリンクしている部分がありますから、メンタル面のストレスは関わりやすいです。
胃の調子がイマイチの時には、胃腸薬を飲んで様子を見るというパターンはよくあることです。
胃腸の調子が良くない時には、食物繊維の摂取には気をつけるようにすることです。
食物繊維は便秘解消にもいいですから、積極的に栄養素としても摂取したいものではありますが、胃腸薬を飲むほど調子が良くないときには控えたほうが良いです。
特に胃腸が弱い人は摂取しすぎると、食欲不振や胃もたれの原因にもなります。
食物繊維は健康な時なら良いですが、胃腸薬を必要とするくらいの時は、控えめがいいでしょう。
その代わりに、胃にも優しい食材を食べるようにするといいです。
柔らかくて温かいお粥とか、うどんや湯豆腐、ホットミルクなどもいいでしょう。
スープにしても、野菜をよく煮込んで、胃に負担が掛からない状態にしたものは口にするといいです。
洋風のスープもいいですが、和食のお味噌汁を具材を考えながらいただくのもいい方法です。

関連記事
食欲不振などの症状がある逆流食道炎には胃腸薬が有効 2019年07月17日

逆流食道炎は、食道と胃にある下部食道括約筋が閉じる事によって食堂から胃へは通常一方通行になっていますが、食道過敏症や下部食道括約筋圧低下、胃内圧の上昇などにより胃の内容物が繰り返し食道に逆流する事で発症します。胃の粘液を分泌する胃腺は、噴門腺、ペプシノーゲンや塩酸を分泌する胃底腺と胃体腺、消化管ホル

倦怠感と呑気症について 2019年05月29日

呑気症というのは、最近になって聞くようになった言葉かもしれません。空気嚥下症とも言われるものです。たくさんの空気を呑み込むことで、体内では胃や食道とか、腸の中に空気がたまってしまい引き起こされる症状が呑気症です。普段からお腹に膨満感を感じたり、ゲップをしやすいという人も、呑気症を疑ったほうが良いかも

胃腸薬を選ぶ時に注意すべきこと 2019年05月09日

胃が痛い、もたれる、食欲がない、などの胃の症状になやんだことがあるひとは少なくないでしょう。忙しくて病院にも行けない人の強い味方になってくれるのが胃腸薬です。でも、胃腸薬には種類があり、その症状にあったものをきちんと選ばないとまったく逆効果になってしまいます。胃腸薬には主に3つの種類があります。健胃

逆流性食道炎によく効く薬とその作用 2019年04月26日

逆流性食道炎によく効く薬としてよく使われる胃腸薬は、胃酸の分泌を抑える薬です。具体的にはH₂受容体拮抗薬(H₂ブロッカー)というものや、プロトポンプ阻害薬(PPI)という薬です。「H₂ブロッカー」とは胃の中にあるH2受容体という部分に作用して、ヒスタミンがH₂受容体に結合するのを妨げる事で胃酸の分泌

授乳中に胃痛が…胃腸薬は使っても大丈夫? 2019年08月16日

子育て期間中特に授乳中は胃腸薬やそのほかの市販薬で飲んではいけないものもあります。産後の寝不足、疲労、ストレスなど生活リズムの乱れで授乳中の体調管理が難しい時期です。授乳中はお腹もすくので食べ過ぎなどで胃の調子も乱れやすくなります。胃痛は自律神経と関係が深いのでストレスにより胃液の分泌が多くなり胃酸