• ホーム
  • 胃腸薬は母乳を通して赤ちゃんに影響があるの?

胃腸薬は母乳を通して赤ちゃんに影響があるの?

多様な薬を持っている男性

赤ちゃんを出産すると、母乳を出すために頻繁にお腹が空くためついつい食べ過ぎてしまったり、育児のストレスで胃腸の調子がおかしくなるお母さんは少なくありません。
胃腸薬を飲めば良くなるのはわかっていても、母乳を通して胃腸薬の成分が赤ちゃんに影響を与えるんじゃないかと思って躊躇してしまうお母さんも多いでしょう。
このようなときに胃腸薬は飲んでも大丈夫なのでしょうか。
薬には医師が処方する処方薬と、ドラッグストアや薬局で販売している第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品、医用部外品があります。
医用部外品とパッケージに書かれている胃腸薬ならば、効き目が穏やかなため母乳への影響はないと言われているため、服用しても構いません。
飲むことにより調子が良くなるようなら、常用しても構わないと言われています。
第二類医薬品の一部と第三類医薬品も胃の粘膜を保護してくれたり、腸の調子を良くする作用があるために服用しても構いませんが、常用するようになるのは問題です。
応急処置的に使うならば、服用しても構いませんが、一週間ほど服用し続けても変化がない場合には、医師の診断を受けましょう。
第一類医薬品はドラッグストアや薬局で販売している胃腸薬の中でも一番リスクが高いため、薬剤師がいるお店でしか購入できず、薬剤師が居てもその日は休みだったり、休憩で外出しているような時には購入ができません。
また、第一類医薬品と同じ成分が入っている薬は、妊娠・授乳中は医師でも処方箋を出さないと言われているほど効果が強い薬です。
この第一類医薬品は授乳中は赤ちゃんへの影響がある可能性が高いため、服用するのはやめましょう。
どれを飲んでいいのか不安な場合には、医師に相談するのが一番確実です。

関連記事
胃腸と嘔吐の関係はこうなっていた 2019年06月28日

胃腸の内容物がなにかの影響により食道を通して吐き出されてしまうのが、嘔吐という現象です。最初に心なし吐き気を感じて、そのうち本格的に吐き気がしてきます。嘔吐というのは胃の中に刺激を感じたり異物を感じたりした時の、いわば防御反応でもあります。ただ、その他にも内蔵や消化器などの病気とか、なにかの疾患が引

食欲不振などの症状がある逆流食道炎には胃腸薬が有効 2019年07月17日

逆流食道炎は、食道と胃にある下部食道括約筋が閉じる事によって食堂から胃へは通常一方通行になっていますが、食道過敏症や下部食道括約筋圧低下、胃内圧の上昇などにより胃の内容物が繰り返し食道に逆流する事で発症します。胃の粘液を分泌する胃腺は、噴門腺、ペプシノーゲンや塩酸を分泌する胃底腺と胃体腺、消化管ホル

倦怠感と呑気症について 2019年05月29日

呑気症というのは、最近になって聞くようになった言葉かもしれません。空気嚥下症とも言われるものです。たくさんの空気を呑み込むことで、体内では胃や食道とか、腸の中に空気がたまってしまい引き起こされる症状が呑気症です。普段からお腹に膨満感を感じたり、ゲップをしやすいという人も、呑気症を疑ったほうが良いかも

胃腸薬を選ぶ時に注意すべきこと 2019年05月09日

胃が痛い、もたれる、食欲がない、などの胃の症状になやんだことがあるひとは少なくないでしょう。忙しくて病院にも行けない人の強い味方になってくれるのが胃腸薬です。でも、胃腸薬には種類があり、その症状にあったものをきちんと選ばないとまったく逆効果になってしまいます。胃腸薬には主に3つの種類があります。健胃

逆流性食道炎によく効く薬とその作用 2019年04月26日

逆流性食道炎によく効く薬としてよく使われる胃腸薬は、胃酸の分泌を抑える薬です。具体的にはH₂受容体拮抗薬(H₂ブロッカー)というものや、プロトポンプ阻害薬(PPI)という薬です。「H₂ブロッカー」とは胃の中にあるH2受容体という部分に作用して、ヒスタミンがH₂受容体に結合するのを妨げる事で胃酸の分泌

通販で便秘にも効く胃腸薬は買える? 2019年11月10日

特に、胃の弱い人にとって手放すことができないのが胃腸薬でしょう。これらは薬局や通販などいろいろなところで、非常に頻繁に目にすることができます。これらの薬に期待できる効果や効能としては、消化不良の改善や消化促進、また整腸といったものが挙げられています。そこで、是非とも知っておきたいのが、便秘にも効く胃

授乳中に胃痛が…胃腸薬は使っても大丈夫? 2019年08月16日

子育て期間中特に授乳中は胃腸薬やそのほかの市販薬で飲んではいけないものもあります。産後の寝不足、疲労、ストレスなど生活リズムの乱れで授乳中の体調管理が難しい時期です。授乳中はお腹もすくので食べ過ぎなどで胃の調子も乱れやすくなります。胃痛は自律神経と関係が深いのでストレスにより胃液の分泌が多くなり胃酸

ストレス性胃腸炎には市販薬の買い置きがベスト 2019年09月10日

体が常に健康のバランスを保ち、健やかさ持ち続けるには、その体を持つ本人のとても微妙でデリケートな配慮が必要となってきます。たとえば、仕事や家庭で大きなストレスを抱え、それが毎日の継続した負担になってしまうと、途端に胃腸が痛んで胃腸薬のお世話になることがあります。また、ストレスから下痢や嘔吐に至ること