• ホーム
  • 食欲不振などの症状がある逆流食道炎には胃腸薬が有効

食欲不振などの症状がある逆流食道炎には胃腸薬が有効

薬とグラスを持っている男性

逆流食道炎は、食道と胃にある下部食道括約筋が閉じる事によって食堂から胃へは通常一方通行になっていますが、食道過敏症や下部食道括約筋圧低下、胃内圧の上昇などにより胃の内容物が繰り返し食道に逆流する事で発症します。
胃の粘液を分泌する胃腺は、噴門腺、ペプシノーゲンや塩酸を分泌する胃底腺と胃体腺、消化管ホルモンのガストリンを分泌するG細胞のある幽門腺の4つに分類されており、ガストリンの刺激により粘液や塩酸、ペプシノーゲンを分泌されpH1.0の強酸性の胃酸で摂取した食物を消化しますが、ムチンを含む粘液は胃の粘膜表面を保護しています。
しかし、食道には胃粘液による防御機能が無い為に、胃酸や内容物が逆流する事により強酸性の胃酸に食道粘膜が繰り返しさらされる事で炎症を起こし、胃酸によって活性化されたタンパク質分解酵素ペプチダーゼが食道を傷つける為に、胸やけや呑酸、食欲不振などの症状が引き起こされます。
逆流食道炎の治療は、強酸性の胃酸の分泌を抑制する胃腸薬の効果で食道への胃酸逆流による炎症を軽減し、食道の炎症の悪化や不快な自覚症状を改善消失させることによって行います。
逆流食道炎の治療で用いられる主な胃腸薬は、酸分泌抑制薬であるプロトンポンプ阻害薬やヒスタミン受容体拮抗薬H2ブロッカーなどです。
プロトンポンプ阻害薬は、胃の壁細胞に存在するプロトンポンプに結合する事で、胃酸の分泌を抑制し、食欲不振や不快な症状を緩和し改善する胃腸薬です。
ヒスタミンH2受容体拮抗薬は、胃の壁細胞にあるヒスタミンH2受容体と結合する事により、胃酸の分泌とガストリンやアセチルコリンの胃酸分泌刺激作用を抑制する胃腸薬です。
又、逆流食道炎は、胸やけや食欲不振などの自覚症状がなくなっても食道に炎症が残っているケースが多く、治癒6カ月後の再発率は約90%弱と非常に再発し易い疾患でもあります。

関連記事
胃腸と嘔吐の関係はこうなっていた 2019年06月28日

胃腸の内容物がなにかの影響により食道を通して吐き出されてしまうのが、嘔吐という現象です。最初に心なし吐き気を感じて、そのうち本格的に吐き気がしてきます。嘔吐というのは胃の中に刺激を感じたり異物を感じたりした時の、いわば防御反応でもあります。ただ、その他にも内蔵や消化器などの病気とか、なにかの疾患が引

倦怠感と呑気症について 2019年05月29日

呑気症というのは、最近になって聞くようになった言葉かもしれません。空気嚥下症とも言われるものです。たくさんの空気を呑み込むことで、体内では胃や食道とか、腸の中に空気がたまってしまい引き起こされる症状が呑気症です。普段からお腹に膨満感を感じたり、ゲップをしやすいという人も、呑気症を疑ったほうが良いかも

胃腸薬を選ぶ時に注意すべきこと 2019年05月09日

胃が痛い、もたれる、食欲がない、などの胃の症状になやんだことがあるひとは少なくないでしょう。忙しくて病院にも行けない人の強い味方になってくれるのが胃腸薬です。でも、胃腸薬には種類があり、その症状にあったものをきちんと選ばないとまったく逆効果になってしまいます。胃腸薬には主に3つの種類があります。健胃

逆流性食道炎によく効く薬とその作用 2019年04月26日

逆流性食道炎によく効く薬としてよく使われる胃腸薬は、胃酸の分泌を抑える薬です。具体的にはH₂受容体拮抗薬(H₂ブロッカー)というものや、プロトポンプ阻害薬(PPI)という薬です。「H₂ブロッカー」とは胃の中にあるH2受容体という部分に作用して、ヒスタミンがH₂受容体に結合するのを妨げる事で胃酸の分泌

授乳中に胃痛が…胃腸薬は使っても大丈夫? 2019年08月16日

子育て期間中特に授乳中は胃腸薬やそのほかの市販薬で飲んではいけないものもあります。産後の寝不足、疲労、ストレスなど生活リズムの乱れで授乳中の体調管理が難しい時期です。授乳中はお腹もすくので食べ過ぎなどで胃の調子も乱れやすくなります。胃痛は自律神経と関係が深いのでストレスにより胃液の分泌が多くなり胃酸

ストレス性胃腸炎には市販薬の買い置きがベスト 2019年09月10日

体が常に健康のバランスを保ち、健やかさ持ち続けるには、その体を持つ本人のとても微妙でデリケートな配慮が必要となってきます。たとえば、仕事や家庭で大きなストレスを抱え、それが毎日の継続した負担になってしまうと、途端に胃腸が痛んで胃腸薬のお世話になることがあります。また、ストレスから下痢や嘔吐に至ること