公開履歴

胃腸薬には種類が多くあり症状によって飲み分けることが必要となります。
胃腸薬の種類としては胃運動機能改善剤、粘膜修復・制酸剤、健胃剤、消化剤、鎮痛鎮痙剤、酸分泌抑制剤、総合胃腸薬があります。
胃運動機能改善剤は胃粘液を高める成分が配合されています。
胃の表面を覆う胃の粘液を増加させる事によって胃酸などの刺激から胃の粘膜を守る働きがあります。
粘膜修復は胃が損傷した場合胃粘膜を覆って修復したり、胃の血流を増加させることができます。
制酸剤は胃酸が出過ぎた場合に中和する作用があります。
胃酸を中和する事によって胃粘膜を守る事につながります。
健胃剤は胃の働きを高める成分が配合されています。
この薬は主に漢方が使われています。
胃に直接作用する事によって胃酸の分泌を高めて胃の働きを活発にします。
また漢方は独特な苦みや香りがあるので味覚神経を刺激する作用があり反射的に唾液や胃液を分泌させる働きがあります。 
消化剤は名前の通り消化を助けてくれる薬です。
胃液や腸液に含まれる酵素と同じような作用のある消化酵素からできています。
鎮痛鎮痙剤は胃痛を抑えます。
胃の活動は副交感神経が支配していますが、この副交感神経を遮断することによって過剰な胃酸分泌や胃の緊張による痛みを和らげることができます。
酸分泌抑制剤はH2ブロッカーとも言い胃酸の分泌を抑えます。
胃粘膜の壁細胞に存在している胃酸分泌を調節しているH2受容体に直接作用し過剰な胃酸分泌を抑える作用があります。
複合胃腸薬はさまざまな症状に対応する胃腸薬となります。
総合胃腸薬はさまざまな成分が配合されているため、薬によって主成分や成分比率が変わってきます。
そのため、薬によって作用が異なるのが特徴となります。

記事一覧
胃腸と嘔吐の関係はこうなっていた 2019年06月28日

胃腸の内容物がなにかの影響により食道を通して吐き出されてしまうのが、嘔吐という現象です。最初に心なし吐き気を感じて、そのうち本格的に吐き気がしてきます。嘔吐というのは胃の中に刺激を感じたり異物を感じたりした時の、いわば防御反応でもあります。ただ、その他にも内蔵や消化器などの病気とか、なにかの疾患が引

食欲不振などの症状がある逆流食道炎には胃腸薬が有効 2019年07月17日

逆流食道炎は、食道と胃にある下部食道括約筋が閉じる事によって食堂から胃へは通常一方通行になっていますが、食道過敏症や下部食道括約筋圧低下、胃内圧の上昇などにより胃の内容物が繰り返し食道に逆流する事で発症します。胃の粘液を分泌する胃腺は、噴門腺、ペプシノーゲンや塩酸を分泌する胃底腺と胃体腺、消化管ホル

倦怠感と呑気症について 2019年05月29日

呑気症というのは、最近になって聞くようになった言葉かもしれません。空気嚥下症とも言われるものです。たくさんの空気を呑み込むことで、体内では胃や食道とか、腸の中に空気がたまってしまい引き起こされる症状が呑気症です。普段からお腹に膨満感を感じたり、ゲップをしやすいという人も、呑気症を疑ったほうが良いかも